耳つぼマップの「扁桃体」って何?【耳つぼセラピストの疑問】

こんにちは、耳つぼストーンセラピストの角野三奈(かどの みな)です。今日も耳つぼを勉強中です!

耳にはたくさんツボがあって、美容や健康、ダイエットにいいのはわかったのですが、耳の形が人それぞれ違うのでしっかり技術を磨きたいと思います。

耳つぼの勉強のために、「耳模型」をいくつか持っています。
立体的なので実際の耳に近いのが便利だなと思っていますが、ちょっと疑問が・・・。

「扁桃体」って何ですかね??

そこで、一般社団法人中医学耳つぼ美容協会の作田真介理事長に質問してみました!!(いつもありがとうございます<(_ _)>)

角野
作田理事長、こんにちは!

作田
こんにちは。
耳つぼセラピストとしてご活躍のようですね。
本日はどのようなご質問ですか?

角野
ありがとうございます。
はい、耳つぼマップや耳つぼ模型を見ていると、耳たぶの下の方に「扁桃体」って書いてあるのですが、これは何のことでしょうか?

作田
よく見ていますね^^
「扁桃体(へんとうたい)」と書いてあったら、喉にある「扁桃(へんとう)」のことだと思えば良いですよ。昔は「扁桃腺(へんとうせん)」と呼んでいた部分です。英語だとTonsilですね。

角野
あー、昔腫れたことがあります!「扁桃腺」の事なんですね~。

作田
ちなみに耳たぶ(耳垂)のこの位置に「扁桃体(へんとうたい)」と書いてあったら、中国式だと思って間違いないですよ。

角野
と言いますと?

作田
「扁桃体(へんとうたい)」は中国語で「扁桃腺(扁桃)」を指します。日本語で「扁桃体」と言えばまったく違う部分を意味します。

角野
えぇーーー!?

作田

日本語で「扁桃体(へんとうたい)」と言えば、脳の中にある部分を指します。大脳辺縁系の一部で、恐怖などの情動に関係します。英語だとAmygdalaです。

それと、今では喉にある部分は扁桃腺とは呼ばずに「扁桃」と呼びます。

角野

な、なるほど・・・。耳つぼマップの「扁桃体」は中国語で喉にある扁桃である・・・と(メモ)。

それにしても、日本語で見た資料でも「扁桃体」って書かれていたものがありますが、何故ですか?

作田
中国語で書かれたマップや模型はそういう単語を使っているので、間違いとは言えません。
角野さんのような耳つぼセラピストはもちろん、せっかく良い効果がわかっている耳つぼを正しく使うために、自分の資料や道具の事をしっかり知っておく必要があると私は思います。

もし日本語の資料に「扁桃体」と使われていたら、すぐに修正するべきだと思います。

角野
(こういうとき作田先生は厳しいよね・・・・。)

作田
私も含めて人間は間違える生き物ですが、間違いに気がついたらすぐに直すべきですよね。とくにスクールを運営しているなら当然の姿勢だと思います。

角野
私は作田先生に直接質問ができるのですぐに修正できます。

結構耳つぼマップを使うときには注意点が多いことがわかりました。

今日はありがとうございました

作田
はい、私もしっかり耳つぼの研究を続けたいと思います。

実際、日本で手に入る耳つぼの模型やマップには問題点が多いです。誤字やツボ名の違い、右耳左耳の違い、ヨーロッパ式と中国式の違いなど、数えたら切りがないです。

角野
なんと!それについてはまた別の機会に質問致します!!
おすすめの記事